« Go to Malaysia | トップページ | 初秋に思う »

2010年9月 5日 (日)

Go to Malaysia 2

どたばたドタバタっ

と過ぎていった8月。そして新学期突入。新校舎へのお引越しは予想通り、てんやわんやで。いや、予想とは違うタイプのテンやワンや!!

まぁとにかく、2学期最初の3日間もなんとか無事過ぎました。

マレーシアでの思いでも、私の今いる現実から遠いけど、ちゃんと私の心の糧になってますのよ。

ずっと作りかけだった記事をとりあえずアップ。

ってことでお待たせしました!続きです・・・え、待ってない?笑

2日目。クアラッブス港というところまでタクシー(声をかけてきた無認可タクシー。笑。過激な運転だけど激っ安っ)で移動し、いざ、離島へ!

始めはこんな色だった海も(ラグーン内)、

Img_1908

ちょっと沖へでると、こんな澄んだ青色に!

Img_1913

そして心地よい風を受けながら進むことおよそ50分。

コバルトブルー!コバルトブルー!コバルトブルー!

Img_1915

桟橋から魚のお遊戯見えまくりのここは、プルフンティアン島。大小2つの島からできています。私達のお宿は小さいほうの島。sunsetがきれいに見えるという噂から選びました。

Img_1948

残念ながら3日間滞在したなかでは、海に沈む夕陽は見れなかったけど、暮れ行き、刻一刻と移り変わる空、それを反映する海を楽しむことはできました。

夜。

Img_1956

私達の泊まったホテルです。ビーチまで徒歩50秒くらい。

近くにはとてもおいしい食べ物やさん(海の家的な感じ)。これまた徒歩1分。

そこで一番ウマイと思ったシーフードチャーハン的なもの。

Img_1916

カンボジアでは、1週間で激しい腹痛&ゲリピーにノックダウンした私ですが、マレーシア料理は少しのゲリピーですみました。いや、日本でとうもろこしをまるっと食べても少しゲリピーになる私だから、そんだけお腹にも合っていたということです。

とにかく、口にするものはすべてうまかった。

次の日はお待ち兼ねのダイビング。

ダイブ本数12本の私は何を見ても感激!ただ、サンゴが死んでて悲しかった。

島での最終日はカヤック借りました。

マイケルこーげ、岸へ!ハレルーヤ!

展望台にたどり着き、クライミング。推定6Q?

Climber

あとはひたすらシュノーケリング三昧。クマノミも4種類くらい見れました。

シュノーケリングはまさに、素晴らしい快感をうみだします。そう、それはまさに・・・catface

Img_1967

と堂々と看板になっているところが、THE 南国sun

泳ぐ。寝る。食べる。潜る。寝る。慈しむ。これだけで最上級の幸せ。

マレーシアという国は、私が思っていた以上に発展していて、何だか街も人も元気だった。

5日間の滞在では、外国慣れしてない未熟な私にはその“国”らしさを感じることが難しいですwobbly

ただ「国外ということ」を多く感じました。

日本と、日本以外の国。

日本人と、日本人以外の人。

そんなカテゴリーで、気付いたこと、感じたことが私の中に蓄積されました。

でもそれは区別するって意味でもないです。

「違う」っていう感覚ではなくて、「同じ」っていう感覚でした。

同じ人間。1つの中にいる。私はまだまだ未熟で、もっともっとたくさんのことを感じたいなと思った旅なのでした。

帰りの飛行機の中から見た地上。

Img_2015

地球は丸いっす。

« Go to Malaysia | トップページ | 初秋に思う »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352316/36555498

この記事へのトラックバック一覧です: Go to Malaysia 2:

« Go to Malaysia | トップページ | 初秋に思う »