« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の記事

2010年5月31日 (月)

ほうば寿司祭りです

6月6日(日)に馬瀬で朴葉ずし祭りが行われます

リンク→http://moon.ap.teacup.com/nohara/67.html

牧場でやるつもりだったのですが、口蹄疫の心配があるので

万全の策をとり、清流ふれあい会館で行うことになりました。

フリマがあったり、朴葉寿司があったり、土窯ピザ体験があったり、人形劇があったり。

楽しそって思ったらいても立ってもいられなくて、私も手伝うことにしました。

この土日は、みんなでホーバケーション!!

2010年5月30日 (日)

5月29日のキッズコーデ

本日のキッズコーディネーション。

なんか見る見るうちに人数が増え、この日の1~3年生の参加者は16名。

まずはいつもどおりランニング、準備体操。

始めは1周だけでへばって2周目は歩いちゃってた1年生の子も、1周半くらいは走れるようになってきました。よしよし。

次にいつものラダートレーニング。

ラダーとは、つまりはしごです。地面にしいたはしごのようなものを使って、いろいろな跳びかたをしながら脚力、リズム能力、連結能力を高めていくトレーニングです。

低学年において重要視されるべきものの一つは「コーディネーション能力」だと言われています。

ちっちゃな頃から一つの競技にしぼり決まった部位を鍛えていくことは、専門性を高める面ではよいのですが、体の成長を妨げる可能性があると考えられています。(可能性ということでご理解ください)

様々なスポーツにつながる能力というのがこの「コーディネーション能力」。頭からの指令を、確実に体で実行できるようにする力、つまり、体と頭とを連結させる力です。

普段の生活の中でも実は鍛えられているこの力。

例えば昔よくやった“石とび”。

あれはスバラシイ!不安定な場所から場所へ、うまく飛び乗るためにはねらいを定め、それを確実に実行しなければなりません。

そんな動きの繰り返しで鍛えられていくのだけれど、残念ながらそういう遊びが減少してしまったこの時代。

ということで、意図的にそんな動きを経験させようというのが「キッズコーディネーション」の目的でもあるのです。

ということで、この日もバリバリラダーをやりました。

1年生の子も、できるようになるまでの時間が短くなってきたかな。

次に「ヤマト走り」(なんでこの名前かはよくわからない)

ほら、入学式とかで緊張しちゃうと右手と右足とか、同じほうが出ちゃうでしょ?

あれをわざとやらせてみました。意図的にやるのは結構難しい!

最後にベースランニング、ベースリレーをやっておしまい。

リレーはチームに分けるとやっぱ白熱しておもしろい。

もっと私も、目的意識をもってやろう!と思ったこの日でした。

2010年5月26日 (水)

雨 降って ジ・エンド

ここ最近の大雨で、苦労して整地したグランドが元の木阿弥に・・・crying

雨が降るたび、ゴッツゴツになってしまうあのグランド。

これも新校舎が完成して、グランドの土を入れ替えてもらうまでの辛抱。

あたし、負けないpout

そんな闘志を燃やして放課後一人でトンボ引いてると、児童館で親を待つ低学年の子ども達がわーっと寄ってきます。

「先生~何してるの~?」

「今日もやってるの~?」

そして、嬉しかったことばは↓

「先生、グランド好きなんやなぁ~」

純朴な子どもの目には、きっとがんばっている大人の姿は、そう見えるんだろうな。

好きやから、一生懸命やってるんやなぁって。なんかすごく嬉しくなりました。

「仕方なし」でやってる・・・なんて、感じてほしくない。

生きるって楽しいんやでって全身で伝えていける大人でありたいです。

2010年5月24日 (月)

腰痛2

今日も腰痛です。

なぜかというと、土日にダイビングをしてきたから!

取得しましたぁぁ!念願のCカード!!

仕事の合間にパソコンで学科を勉強し、プール実習と海洋実習を経て晴れてオープンウォーターライセンスを取得しました。

前から欲しいなぁと思ってたんだけど、そんなときにダイビング好きな人の話をどっぷり聞かされ、「私とります」と豪語したのが、ことの発端。

体験ダイブは何回かしたことがあったけど、自己責任のもとで潜るのは初めて。自分で機材準備して、自分のやりたいように潜ってみて感じました。

めっちゃ楽しい!!

一番おもしろいっと感じたとこは「ダイビングというスポーツは、自分の感覚次第だ」ってとこです。

水深10M付近まで潜ったんやけど、浮くか、沈むかは自分の吸い込む空気の量で調節します。肺に空気がたまれば、それが浮き輪の役割を果たして浮く。肺の空気がなくなれば沈む。

呼吸なんて地上では当たり前にしていることなのに、ダイビングというスポーツではそれがそのスポーツを左右する大きな要素の一つ。

それがすごく新鮮でおもしろい。

体内の空間に残っている空気と、水圧とのバランスをとるために行う耳ぬきとか、フィンでひと蹴りしただけで体が前に進むこととか、どんだけ、どうしたら、どうなるのかは自分でやってみて、感覚でつかんでいくしかない。

そうやって自分の体と感覚にとことん向き合ってあげることってしばらくなかったなぁ

そして感じる“自然”

魚 海草 イソギンチャク 貝 波 太陽の光 砂 雨 風

私が何をしてどうなろうと そこにあるモノ達は あるべき姿で果てるまであり続ける

そんな事実をまざまざと見せつけられ、魅せられる。

そんな風にして、私はダイビングを好きになりました。

思い機材背負ってたから腰痛いし、筋肉痛だけど、心地よいcatface

次に潜る計画にむけて、がんばろう。

2010年5月17日 (月)

腰痛

昨日は資源回収でした。

私の担当はまんまと雑誌、広告。 結構、酷。(けっ こうこく) ぷっ

去年2台あったはずのトラックが今年は何故か1台で、物と非難が集中・・・

おかげでわたしの腰は、今日悲鳴をあげていますwobbly

手を休める暇なく、積み上げられていく雑誌たち。

要領よく休みをもらう大人たち。

それを横目に、せこせこ働く大人たち。

そこでもらされる不満、非難・・・

そんなときにふと、思い出しました。

「誰のためにやっているのか?」

「自然のためにやっている」

おかげで、私は私の作業に集中できたし、積み上げられていく雑誌に喜びを感じられました。

どこの国であれ、“自然のため”という目的を失わなければがんばれるんだってことがわかりました。

腰痛でさえ、心地よい・・・か?笑

ともかく、充実した一日でした。

午後からは、宿泊研修の下見で、山之口へ行きました。

めっちゃいい天気やし、新芽は青々としとるし、気持ちよかったぁぁhappy01

新しい縄張りが増えましたdog

キャンプしたいなぁ

2010年5月13日 (木)

オひさしぶりで

続けることは難しい

って前回の日記に書いたら、さっそくブログを続けられない私・・・

ドンマイ。

昨日は人生で初めて、「トラクター」を運転しました。

今うちのガッコのグランドの状態はすこぶる悪く、雨が続いたあとのそれは、もうトラップだらけ・・・足跡がつき放題で、ボッコボコです。車体だったら確実に廃車です。

なので、中ガッコからスポーツトラクターを借りて整備しました。

陸上好きの先生が借りてきてくれたんだけど、見てたらやりたくて仕方ないbearing

なので、変わってもらいました。

そしてグランドをぐ~るぐるtyphoon

時間はだいぶかかったけど、そのかいあって平坦に!やったぁ!

これで明日から安全に走り回れます。私が。笑

スキルアップもできたし、一石三鳥!

そんなこんなで寒くて疲れたから帰ろうと思ったけど、やっぱりボルダリングしに行っちゃいました。こっちも久しぶりだったから、登れてた課題が登れず・・・

スキルダウン・・・

グランドは平坦でも、私の人生はそうはいかない。

そう思った水曜日でした。

今日、図工でねんどやりました。

私の渾身の作品↓↓↓

Oumu

次回は巨神兵作ります。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »